最新情報


鬼談新作は2018年9/3発売のミステリーブラン10月号「鬼談  骸の叫び(むくろのさけび)」です。

再録は
   9/13発売 ミステリーサラ動物たちの事件簿プラス10月号「輪廻の家(りんねのいえ)」です。
   10/18発売 ミステリーブランセレクションvol.29「鬼談 水霊」「鬼談 人魚の涙」「鬼談 鬼赤子」です。


  ※雑誌掲載情報で タイトルの後に(再)とあるのは旧作品の再録です※

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

9/13発売ミステリーサラ動物たちの事件簿プラス10月号に再録の「輪廻の家」は、実は私 櫂広海のデビュー作です。
(*^_^*)
今回再録していただくために見直したのですが、懐かしかったです。かなり古い作品なので、服装とか電話とか本のタイトルとか、レトロ感満載ですが、あえてそのままにしています。

読んだことがないとおっしゃる読者の皆様には、ぜひぜひ! チェックしていただけると嬉しいです。(^.^)(^.^)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


新刊のお知らせ

「鬼談 人形師雨月の百物語12」
2017年11月20日発売

《収録作品》
悪氷/春の闇/へび神さま/丑三つの子/嫗の眼/闇刃/影なし人/おまけマンガ

 

皆様の応援のおかげで、鬼談の新刊が発売されます!!!
鬼談クイズもありますのでまたよろしくお願いいたします。(*^。^*)


櫂広海の恐怖傑作選「真夜中にやって来る」
2017年5月20日発売

《収録作品》
千日紅夜話/あの人が見ている/闇の声/真夜中にやって来る/亡者の夏/堕ちる蝶/水の音/おまけマンガ

恐怖短編集です。

☆鬼談シリーズではありませんのでご注意を☆




雑誌掲載情報

タイトルの後に(再)とあるのは旧作品の再録です


2018年
10月
・「鬼談 水霊」(再)
・「鬼談 人魚の涙」(再)
・「鬼談 鬼赤子」(再)
ミステリーブランセレクションvol.29
(青泉社10/18発売)


9月
・「鬼談 骸の叫び(むくろのさけび)」
ミステリーブラン10月号
(青泉社9/3発売)

☆☆

・「輪廻の家」(再)
ミステリーサラ動物たちの事件簿プラス10月号
(青泉社9/13発売)

7月
・「悪夢の夏」(再)
ミステリーサラ動物たちの事件簿プラス8月号
(青泉社7/13発売)

☆☆


・表紙イラスト
・「麻耶子は闇の中で」(再)
魔夏の怪談2018
(メディアックス7/26発売)

☆☆

・「鬼談 呪い雛」(再)
・「鬼談 闇蛇姫」(再)
ミステリーブラン心霊サスペンススペシャル2018夏
(青泉社7/26発売)

☆☆

・「鬼談 怨念の苑」
ミステリーブラン8月号
(青泉社7/3発売)


拙作「壁が哭く」と「井戸の底から」がタイで発売中。
タイでのタイトルは「壁が哭く」は→『謎めいた壁』  「井戸の底から」は→『死の井戸』です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

拙作「死が二人を分かつまで」がタイで発売中。
タイでのタイトルは「深紅に染まった結婚」
ミステリーサラと同じ大きなサイズです。
タイへご旅行の際は書店をのぞいてみて下さいね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

拙作「魔夏だから」がタイで発売中。(発売日2010年 8月末)

タイでのタイトルは「愛憎に燃えて」だそうです。
なんでもタイではずーっと夏だから「魔夏」の意味が伝わりにくいということで。(なるほど)

こちらは元のコミックスと同じB6サイズ。

☆☆

「魔夏だから」はケイタイでも配信中。


お知らせ

月刊誌 「ミステリーサラ」「ミステリーブラン」などの出版社は、2009年4月より「グリーンアロー出版社」からBbmfマガジンに社名を変更いたしております。→「青泉社」に変わりました。
雑誌、単行本などをお探しの場合は、出版社名にご注意下さい。



かつて河上桜子名義で書いていた小説が出版されることになりました。
☆携帯での配信も始まりました☆
詳しくはこちら→河上桜子情報 


戻る